補償されないケース

人身傷害補償保険は、自動車に搭乗中や歩行中の事故によってケガなどをした場合に、一定の金額の保険金が支払われるという自動車保険の一種です。
この保険に加入していれば、事故の相手方との示談が成立したかどうかにかかわらず、迅速に保険金の支払いを受けることができます。しかも、事故の過失の割合にもとづく過失相殺によって減額されることもなく、保険金を全額受け取ることができるというのも、この保険の大きなメリットとなっています。


ピカピカ02
しかしながら、この保険はすべての事故のケースについて保険金が受け取れるわけではなく、例外も存在しています。代表的なものとしては、被保険者となっている本人が、その家族などが所有する自動車に搭乗中に事故にあったようなケースです。これは、事故を起こした家族が加入している自動車保険のほうで本来対応すべきものであり、保険金の支払いが重複してしまう可能性があるためです。
そのほかのケースとしては、地震や噴火、津波などの、被害の見通しがつかないような大規模な自然災害によって被害をこうむった場合や、酒気帯び運転、違法薬物を使用しての運転など、本人があえて正常な判断ができないような状態であるにもかかわらず運転して事故を起こしたような場合が考えられます。

コメントは受け付けていません。