故意や重大過失による事故で生じた障害や死亡の場合

自動車を運転していて、故意や重大な過失により大きな事故や死亡事故などを起こすと、保険会社からの保証を受けられない場合があります。
自分の意思で自動車を接触・衝突などをさせた場合のことであり、相手に対して殺意があり自動車を運転し接触・衝突などをした場合には、自動車運転過失傷害や過失致死にはならず、殺人や傷害として裁判を受けることになります。


ピカピカ03
このような場合には、保険会社は人身傷害補償保険の補償外であることから保険金の支払いは一切しないので、相手に与えた損害は自分で弁済しなければなりません。
また、過労運転・飲酒運転・薬物等使用運転などは、運転できない状態であることが認識できていたのに自分の意思で運転していることから、自動車の保険会社は人身傷害補償保険の補償外となるので保険金の支払いをしないことがあります。
特に、飲酒運転・薬物等使用運転の場合に相手に接触・衝突などを起こし、相手に傷害や死亡させてしまうと、その損害賠償はすべて自分で支払わなければなりません。
危険運転を行い、相手に障害や死亡を負わせてしまった場合には、警察から逮捕されてしまい、危険運転致死傷罪で起訴される場合があります。
危険運転は懲役刑があり、遺族や被害者から民事損害賠償請求もされるので、とても重い犯罪行為です。

コメントは受け付けていません。