事故でケガや死亡した場合の損害額を補償

自動車保険の中でよく聞かれる保険には搭乗者傷害保険がありますが、それは契約した保険金額を限度に、一定額の保険金が支払われる定額払いが一般的です。そのため、病院などにかかった治療費などに不足が生じた場合には、自腹で負担をしなくてはなりません。


テクスチャー17

一方、人身傷害保険については、契約した保険金額の範囲内で実際に損害が生じた費用を完全に補償する実損払いとなるので、被害者にとっても安心感のある保険です。その特長は、契約している本人や家族などが自動車事故でケガや後遺症を負った場合に実損を補償してくれる保険です。

その対象とされる範囲についても契約車両に乗っていたのみならず、友人が運転する自動車に乗っている場合や歩行中に自動車にひかれたケースでも対象となっており、幅広い範囲となります。その人身傷害保険のメリットについては、相手のある事故については示談交渉を行なう必要がありますが、示談が成立しなくても受け取ることが出来るメリットがあります。

そして、搭乗者保険のように定額の支払いのみではなく、実際にかかった損害額の支払いをしてくれ、相手のいない単独で物にぶつけてしまってケースでも補償を受けることも出来ます。ただ保険が厚い分だけ負担する保険料も割高となる傾向もあり、家計に余裕がある人が検討する保険の一つです。

コメントは受け付けていません。