単独事故の場合も支払い有り!!

単独事故を起こした場合であったも、人身傷害補償保険に入っていれば、通院治療費の保証を受けることができます。
自動車やバイクなどを運転していて、電信柱や民家の壁などに接触して怪我をした場合には単独で事故を起こしたことになります。
交通事故を起こして怪我をした場合には、治療費・通院交通費・休業損害・精神的損害などの保証を受けることができるのですが、人身傷害補償保険に加入していないと、保証を受けることができないので、費用は自腹になります。
交通事故の場合には単独で起こす事故と相手のある事故の2種類があります。
相手のある事故の場合には、事故の状況等を保険会社が確認して過失割合を決めています。


ピカピカ01
仮に8対2の過失割合と認定され、被害総額が100万円となれば、80万円は相手の保険会社から保証を受けることができるのですが、残りの20万円は保証を受けることができません。
人身傷害補償保険に入っていれば、この残りの20万円の保証を受けることができるので、自腹で損害を補償することがないのでとても安心です。
単独の事故でも治療費がしっかりと保証されているので、いざ交通事故をしてしまった場合であっても手厚い保証を受けることができます。

コメントは受け付けていません。