逃走行為、自殺行為、犯罪行為により起きた事故の場合

自動車事故というのは、通常は事故の相手がおり、おたがいの過失の割合にしたがって、妥当な損害賠償の金額が算定され、保険金として支払われるものです。
ところが、運転中の不注意からガードレールや電信柱などの障害物にぶつかってしまったといった自損事故の場合には、保険金を請求すべき相手がいないことになってしまいます。


patinko01_m
こうした場合に活躍するのが自損事故保険であり、自損事故によって運転者やその他の搭乗者にケガまたは死亡という損害が発生したときに、加入している損害保険会社から一定の保険金が下りるというものです。
自損事故のほか、事故の相手がいた場合であっても、相手にまったく過失がないような事故であれば、この保険の適用を受けることができる場合もあります。
そのいっぽうで、この保険による補償の対象外となる、例外的な場合というのも存在しており、例えば、逃走行為、自殺行為、犯罪行為などにより起きた事故が該当します。
これらの事故の原因は、偶発的なものというのではなく、運転者が故意に起こしたか、または客観的に見ても事故が起こる可能性がきわめて高い危険な運転ということになりますので、保険金を安易に支払ってしまうと、他の善良なドライバーとの公平性を維持することができなくなってしまうためです。

コメントは受け付けていません。