自動車所有者の承諾なく運転した場合の事故補償内容

人身傷害保険は、自動車の運行に起因する事故によって、他人に傷害、後遺障害、死亡といった損害を与えてしまった場合について、その法律上の損害賠償責任に対応するため、所定の保険金が支払われるという内容をもつ保険です。
しかし、事故によって他人が死傷したからといって、かならずしも保険金が支払われるとは限らず、保険約款のなかでは一定の免責事項を置いて、こうした例外のケースを定義しています。


patinko02_l
例えば、人身傷害保険の被保険者となっている人が、契約対象となる車の使用について、正当な権利を有する人の承諾を得ないでその車に搭乗中に起こした事故が該当しています。
この場合の正当な権利を有する人というのは、一般には車の所有者などの記名被保険者にあたるような人のことを指しているものと考えられ、過去の裁判所の判例でもそのように示されています。
そこで、例えば所有者から車を一時的に借りている人が、所有者の承諾を得ないまま、さらに他の人に又貸しをして、その人が車の運転中に事故を起こしてしまったといった場合には、保険会社は保険金の支払いを免れるものと解釈されています。
このように、保険にはいくつもの免責事項が設けられていることから、通常とは異なるような車の運行をする場合には、十分に注意をすることが必要です。

コメントは受け付けていません。